ロゴ
HOME>アーカイブ>企業や個人問わず税金などに関する問題があれば税理士を頼ろう

企業や個人問わず税金などに関する問題があれば税理士を頼ろう

男性

税理士とは

税理士とは、個人や中小企業が抱える税金に関しての手続きや計算などをサポートする職業です。日本では所得税や消費税をはじめとして、贈与税や事業税などさまざまな税金を納める義務があります。これら納税義務をスムーズに行えるよう、税務代理や税務書類の作成を担います。税務相談や補佐人といった業務も執り行います。

税理士に相談する場合と相談しない場合の違い

相談する場合

専門家に税金の計算や手続きをしてもらえるため、税金と時間の節約になります。不慣れな作業を任せられるので、精神的苦痛から開放されます。

相談しない場合

依頼費用の節約にはなりますが、書類作成や諸々の手続きに時間を取られます。税制面の取りこぼしや申告漏れが発生しやすいです。

税金のことで困ったら税理士に相談!

主に、新規に事業・会社を始める時や会計処理・記帳方法が分からない時は強い味方となるでしょう。相続が発生したり、突発的な収入があって急に利益が上がったり、売り上げが1,000万円を超えた際なども有効です。

依頼から手続きまでの流れ

電卓

問い合わせ

まずは税理士の在籍する会計事務所に、電話やメールで連絡して問い合わせます。依頼内容を伝えて、相談・面接の日程を決めるのが通例です。

相談・面談

事務所に赴き、依頼したい内容や悩んでいる項目についての相談をします。大抵の事務所は無料相談を行っているため大いに利用しましょう。

見積もり提示

相談によって依頼内容が共有できたら、税理士が行う作業量や依頼者の事業の規模などに応じた価格で、見積もり書が提示されます。

契約の締結

相談の内容の共有度や税理士との相性、契約内容・金額などに問題がなければ契約の締結を行います。締結後、税理士による税務対策がスタートします。

広告募集中