ロゴ

少年事件が起こるワケ

少年事件が起こるには、社会背景と同時にその少年の気質や育ってきた環境にも関係があります。少年がそのような事件を起こす要因としては、環境が良くなかったり素行が悪いことでもあります。例えば両親が不仲で毎日のようにケンカをしているとか、本人が家出を繰り返したり、非行に走っていたりする場合などです。

少年事件と成人事件の違いを比較!

起訴猶予という形での不起訴処分

成人事件では、被害者との間に示談が成立すれば、検察官が被疑者を起訴猶予で不起訴処分にすることがあり、この場合は刑事事件は終了します。しかし少年事件ではそのような制度はなく、警察などから家庭裁判所に送られます。

保釈制度

成人事件では、検察官が公判の請求をした時に身柄を拘束されている被告人や弁護士が保釈請求をすることができます。しかし少年事件では家庭裁判所に事件が送られることになっても保釈請求はできません。

少年事件が起こってしまった場合の対処法

少年事件は、突然起こってしまうことがあります。それには少年事件に詳しい弁護士を探すことです。東京や大阪の他に、身近な地域で法律相談にいつでも受けてくれるところであれば安心です。実際に弁護士に依頼すれば費用がかかるので、具体的にどのくらいかかるのか調べておくといいでしょう。

依頼前に知っておきたい法律相談の疑問や質問

天秤

法律相談には予約がいりますか?

基本的には完全予約制になっています。しかし当日空いている弁護士であれば相談を受けることができるので、まずは電話をして問い合わせをすると良いでしょう。

電話やメールでの相談はできますか?

原則は、予約をしたのち来所し弁護士と会って相談を実施しています。しかし例外として体の不自由な人や体調面でどうしても行けない場合にはSkypeなどを利用し相談をします。

初回に何を持参すればいいですか?

密度のある話ができるので、相談したい内容の概要を書いたメモなどを持参して下さい。またそれについての資料があれば用意して下さい。実際に依頼することになれば委任状を作成することもあるので印鑑も持っておくと良いでしょう。

他の弁護士にも相談していますが同じ相談をしてもいいですか?

他の弁護士に相談している内容で他の事務所に相談をしても構いません。またセカンドオピニオンという形で他の弁護士に相談したものの意見を聞いてもらってもいいです。しかし他の事務所に依頼したものの訴訟などが相当進んでしまっている場合には受けられないところがほとんどなので注意しましょう。

[PR]
医療ミスを弁護士に相談♪
最良の解決策を提案してくれる!

万が一のためにも知っておきたい!弁護士を頼った方がいい理由

女性たち

弁護士に相談することで得られるメリット

少年事件では、警察に拘留されたのち少年鑑別所に行くことがほとんどですが、釈放の時期や学校に復帰する時を決めるためにも弁護士に相談すると適切な判断をしてもらえます。また、鑑別所に入っても必ず少年審判が行われるわけではないので、今後の見通しも兼ねて弁護士に相談するとよいでしょう。釈放された後も弁護士に判断を仰ぎ、周りの受け入れ体制が整うことで、少年審判の不開始につながったり処分が軽くなる場合もあります。

男性たち

優良な弁護士の探し方

少年事件に際して優良な弁護士とは、少年審判の事件にとても詳しく力をおいていたり、費用についてもきちんと掲載している弁護士です。また実績が多く様々な経験をしていることです。他には少年の更生のために反省の時間をあたえたり、家庭や周りの環境を変えたりすることに尽力している弁護士です。実際に探すには、弁護士会に問い合わせたり、知り合いがいれば紹介してもらうのが安心できるでしょう。

法律相談所を東京で利用しよう

[PR]
離婚で弁護士に相談
不安を解消してもらえる

[PR]
新宿で税理士に相談
業務や料金の案内情報を確認しちゃおう!

大阪で好評な弁護士事務所☆

広告募集中